代表取締役CEO

高 将司

SHOJI KOH

1985年生まれ。2006年にサヴィルズ・ジャパン株式会社(本社:英国)に入社し、オフィス・リーシング事業の日本マーケット立ち上げメンバーとして参画。最年少ながら売上を伸ばし、日本マーケットでの基盤構築に貢献した。2012年にジャパン・プロパティーズ株式会社を設立。上場企業からベンチャー企業まで、世界中で幅広い経営者ネットワークを持つ。

取締役 / アセット・マネジメント本部長

田中 健次

KENJI TANAKA

住友信託銀行(現三井住友信託銀行)に37年間勤務。不動産企業、投資ファンド、機関投資家に対するデットファイナンスからエクイティ投資アレンジを通じて幅広い運用実績を持つ。2000年以降は不動産証券化からREITへの流れの中で同行の資金運用から決算に至るまでのファンド運用サービス業務を立ち上げ、実務部隊を率いて業界トップに地位を築いた。当社アセットマネジメント事業、投資家サポート事業の中核を担う。

取締役 管理本部長

竹内 幸代

YUKIYO TAKEUCHI

神戸大学卒業後、藤和不動産株式会社(現 三菱地所レジデンス株式会社)に14年間勤務後、マンション・戸建住宅分譲事業、オフィス・商業施設開発事業、収益不動産事業、不動産流動化事業等の不動産関連事業を行う上場不動産会社等数社に勤務。一貫して法務責任者として従事しながら、会社規模により、総務・人事・経営企画(IPO・業務フロー改善等)の部門責任者を兼務。
会社基盤の早期整備と健全な会社経営の一翼を担うべく、2022年3月1日より当社勤務、管理部門を管掌。2022年3月25日取締役就任

オフィス・リーシング部長

達紙 貴史

TAKASHI TATSUGAMI

大学卒業後、建設会社にて現場を経験。
その後、法人のオフィス移転、契約更新時のコンサルなど様々なオフィスに関する業務に従事。
当社には代表・高が新社会人となる頃からの縁で創業期を支える。
以来、業界20年の経験を基にベンチャー企業から1部上場企業までのオフィスを「一緒に造る」事を大切にし、各社との信頼関係を築き上げる。

オフィス・リーシング アシスタントマネージャー

鷲見フェレラヤマト

Yamato Ferrelra Sumi

東京新宿生まれのフランスと日本のハーフ。
東京国際フランス学園をバカロレア(フランス国家資格)取得後に卒業、モデルとして活動し不動産業界に飛び込む。
ジャパン・プロパティーズ株式会社に2016年にジョイン、企業のオフィス移転やコンサルを行い、「お客様のために常に100%」を掲げ活動し、2021年より自社ブランド「JP BASE」のオフィスシリーズを担当、企業の理想のオフィスの形を追求しお客様と共に伴走していきます。

広報・採用

服部 未来

MIKU HATTORI

2019年に明治大学卒業後、テレビバラエティー番組のアシスタントディレクターとして勤める。
その後大学時代にしていたアイドル活動を再開させるため退職。平行して2020年ジャパン・プロパティーズに入社し営業アシスタント業務を経験後、広報兼採用担当に就任。

コンプライアンスオフィサー

築島 秋雄

AKIO TSUKISHIMA

三井住友信託銀行出身の会計(経理)・税務・法務のエキスパート(簿記検定1級資格、税理士資格等)。三井住友信託銀行では、主にコーポレートファイナンスと同社のTAX戦略を担う。
約30年の同社業務経験後のステージでは、上場REITのAM会社の代表取締役やコンプライアンスオフィサーに就任し、それぞれの分野で異彩を放った。
弊社では、コンプライアンスオフィサーに就任し、会社全体のガバナンスやコンプライアンス意識の向上に向けて強い指導力を発揮している。

内部監査室長

春山 芳治

YOSHIHARU HARUYAMA

財務省官僚出身。財務省(旧大蔵省)では、大臣官房、理財局の重要ポストを歴任。最終退官時は北陸財務局長。
退官後は学校法人などで内部監査セクションを立ち上げるなど、内部監査のエキスパートとして様々な組織体で足跡を残す。
弊社では、内部監査特別顧問として、内部監査の重要さを役職員全員に深く浸透させる役割を担う。

エンジニア

伊藤 佑樹

YUKI ITO

都内のソフトウェア開発企業で自社サービス開発・開発相談・新規事業の受託開発などに携わるエンジニア。エンジニア経験は4年目となる。
新規事業開発では事業サイドとの対話を重視し、アジャイルなものづくりを通して顧客の求める価値を提供する。また、他業種での経験を活かした柔軟な価値提供の方法を提案する。